<長野県上田市房山>
祝賀行事等/不定期

上田市を代表する獅子が「上田獅子」です。伝承として、天正11年(1583)の真田真幸の上田城築城の際、その地固めに舞われたといいます。特に、常田獅子とともに上田獅子と呼ばれ、古い伝承をもっているのが房山獅子です。元々は、関東地域に多く残る三頭獅子の流れであり、真田氏の上田城下町形成とともに、もとの真田庄、上原の三ツ頭獅子が原型であるともいいます。

房山では、大星神社境内の弥栄神社(八坂神社)前で奏演してから、すべて行われるようになっています。八坂神社の祭神は、素戔嗚尊に附会される牛頭天王であり、近世期までは上田城下の祇園祭の出し物であったことの裏付けとなっています。また、真田氏の後に入部した仙石氏の城固めにも舞われたといい、古くから祝賀の場において「獅子躍」として舞われてきました。

房山獅子の行列の構成は、旗手(1人)、笹だし(12人)、祢宜(1人)、獅子(3人)、鉦打(6人)、太鼓(1人)、そして唄揚げが数人続きます。また、移動の前後には裃姿の警護が付きます。
祢宜とは鼻高面でいわゆる天狗です。房山の場合は、五色の大幣を持ちます。常田は大団扇を採りますが、上原の祢宜も幣を持つので、同系と見られています。
三頭の獅子は、風流系一人立ちですが、腰に付ける太鼓と桴は持たず、五色の紙を付けた小団扇を右手にもちます。また鳥の羽で作られる立派な「たてがみ」が印象的です。

また、上原と房山と同じく、子どもによる「鉦打」役が特徴で、「小天狗」ともいいます。手には鉦と橦木をもち、カンカンと打ちながら踊ります。

現在、房山では「上田真田まつり」で、常田とともに隔年で演じられています。その他、祝賀行事などで舞われています。そういう機会であっても、大星神社境内の弥栄神社前での奉納から始めていることは、本来祇園の行事であったことを物語っています。

(2010年11月6日 大星神社境内)