(白鳥神社のケヤキ)
<長野県東御市本海野>
【幹周】 約5.8m 【樹高】 約35m 【樹齢】 約700年
 東御市本海野は「重要伝統的建造物群保存地区」として知られるようになった旧北国街道海野宿で有名な場所です。その宿場の入口にあたる場所にこの白鳥神社があります。その境内の立派なケヤキの御神木が立っています。海野といえば豪族・海野氏の拠点であり、またこの神社近くの白鳥川原と呼ばれる千曲河畔で、かの木曽義仲が挙兵したとも伝えられる歴史の深い場所です。このケヤキは形もよく力強さを感じる幹が印象的です。

【2011.6.5.撮影】
【2007.4.22.撮影】