佐渡おけさ 歌詞
<正調>
○ハー佐渡へ(ハ アリャサ)佐渡へと 草木もなびくヨ
(ハ アリャアリャアリャサ)
佐渡は居よいか 住みよいか
(ハ アリャサ サッサ)

<おけさそめき>
○知らぬー知らぬ(ハ アリャサ)他国の 二階のぞめきヨ
(ハ アリャアリャアリャサ)
聞けばなつかし 佐渡おけさ
(ハ アリャサ サッサ)

★<ぞめき>は、ハーで始めずに、最初の3文字を延ばして始まります。
○居よい住みよい 噂の佐渡へ 連れて行く気は ないものか

○霞む相川夕日に染めて 波の綾織る 春日崎

○佐渡の相川 羽田の浜に 女波男波が 打ち寄せる


○真野の御陵(みささぎ) 松風冴えて 袖に涙の 村時雨

○北は大佐渡 南は小佐渡 間(あい)の国仲 米どころ

○度胸定めて 乗り出すからは 後へ返さぬ 帆かけ船

○来いと言うたとて 行かりょか佐渡へ 佐渡は四十九里 波の上

○おけさ踊りに ついうかうかと 月も踊るよ 佐渡の夏

○おけさ踊るなら 板の間で踊れ 板の響きで 三味いらぬ

○山が掘れたら 黄金が出るに 主に惚れたら 何が出る

○泣いてくれるな 都が恋し 啼くな八幡の ほととぎす

○花に誘われ 雲雀にゃ呼ばれ 今日も出て行く 春の山

○佐渡へ八里の さざ波越えて 鐘が聞こゆる 寺泊

○嫁も姑も 手をうち鳴らし 五十三里を 輪に踊る

○島の乙女の 黒髪恋し またも行きたや 花の佐渡


○波の上でも ござるならござれ 船にゃ櫓もある 櫂もある

○おけさ連中と 名を立てられて おけさやめても 名は残る

○佐渡のおけさか おけさの佐渡か 渡る船さえ おけさ丸

○沖の漁り火 涼しく更けて 夢を見るよな 佐渡ケ島

○小木は間で持つ 相川山で 夷(えびす)港は 漁で持つ

○夏の相川 夕焼け雲に 金波銀波の 春日崎

○二見夕焼け 三崎は霞む 真野の入り江に 立つ鴎

○沖の鴎に 潮時聞けば わたしゃ立つ鳥 波に聞け

○佐渡の土産は 数々あれど おけさばかりは 荷にゃならぬ

○月は傾く 東は白む おけさ連中は ちらほらと


○濡れて色増す 若葉の紅葉 末にゃ浮名の 立田川

○吹けよ川風 上がれよすだれ 中の小唄の 主見たや

○あなた百まで わしゃ九十九まで 共に白髪の生えるまで

○佐渡へ来てみよ 夏冬なしに 山にゃ黄金の 花が咲く

○咲いた桜に なぜ駒繋ぐ 駒が勇めば 花が散る

○咲いて色増す 若葉の紅葉 末は浮名の 竜田川

○雪の新潟 吹雪に暮れて 佐渡は寝たかよ 灯が見えぬ

○佐渡で唄えば 越後ではやす 踊る鴎は 波の上

○遠い漁り火 夜に啼く鴎 佐渡は静かに 更けていく

○佐渡と柏崎ゃ 竿差しゃ届くよ 何故に届かぬ 我が思い

○海じゃ漁する 鉱山じゃあてる 佐渡は住みよい
 暮らしよい

○雪の塚原 三昧堂も 今じゃ国仲 米所

○佐渡の名物 日蓮様は 七遍返しの 御題目

○佐渡のおけさと 日蓮様は 今じゃ知らない 人はない

○仇し仇波 寄せては返す 寄せて返して また寄せる

○仇し情けを たもとに包み 愛はゆるがぬ 襷がけ

○浅黄手拭 鯉の滝登り どこの紺屋で 染めたやら

○土手の蛙の 鳴く声聞けば 過ぎし昔を 思い出す

○三味や太鼓で 忘れるような 浅い思案の わしじゃない

○当座の花なら なぜその先に 固い私を 迷わせた

○沖の漁り火 夜になく鴎 波は静かに 更けていく

○浅い川なら 膝までまくる 深くなるほど 帯をとく

○主の小舟は 横島越し 会いに来た風 はせてくる

○押せや押せ押せ 船頭も舵子も 押せば港が 近くなる

○お国恋しや 海山千里 みんなご無事か 佐渡島

○追えば追うほど また来る雀 引けば鳴子の 綱が鳴く

○矢島経島 小舟で漕げば 波にチラチラ 御所桜

○待つに甲斐ない 今宵の雨は 家におれども 袖濡らす

○嫌なお客の 座敷を離れ 丸い月見る 主のそば

○嫌な座敷を 堪えているも 春を楽しむ 床の梅

○胸に千駄の かや焚く夜でも 煙出さなきゃ 人知らぬ

○思い出すなと 言うて別れたに 思い出すよな ことばかり

○つぼみ可愛いや 顔赤らめて つむり上げ得ぬ 百合の花

○佐渡の島根を 打つ白浪に 遊ぶ鴎の わしゃ恋し

○松に隠れし 阿若丸は 竹に伝わる 名も高い

○恋に焦がれて 鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍に 身を焦がす

○月は東に 能登崎ゃ西に 思うお方は 波越えて

○させよ簪 入りゃれよかもじ 男泣かせの 投げ島田

○浪に浮島 浮名は立てど 恋に沈んだ 音羽池

○日本海洋の 看板娘 小佐渡大佐渡 見目のよさ

○伊勢は朝日よ 佐渡では夕日 海の二股 またがやく

○西行法師は 山見て勇む わたしゃ主見て 気が勇む

○酒の相手に 遊びの相手 苦労しとげて 茶の相手

○無事を祈りの 浪題目に うれし便りを 松ヶ崎

○水も漏らさぬ 二人の仲を どうして浮名が 漏れたやら

○泣くな嘆くな 今別れても 死ぬる身じゃなし また会える

○固いようでも 油断はならぬ 解けて流るる 雪だるま

○遠く離れて 逢いたいときは 月が鏡に なればよい

○月は照る照る 雪道すべる 鐘は九つ 善行寺

○望みある身は 谷間の清水 しばし木の葉の 下くぐる

○おけさ正直なら そばにも寝しょが おけさ猫の性で じゃれかかる


<選鉱場おけさ>
○ハー朝もナー(ハ アリャサ)早よから カンテラ下げてナーヨ
(ハ アリャアリャアリャサ)
高任(たかとう)通いの 程のよさ
(ハ アリャサ サッサ)
※以下、歌い方同様

○花が蝶々か 蝶々が花か 来てはチラホラ 迷わせる

○押せや押せ押せ 船頭衆もかこも 押せば港が 近くなる

○よしゃれはなしゃれ しころが切れる しころ切れても わしゃ切れぬ

○咲いた花なら 散らねばならぬ 恨むまいぞえ 小夜嵐

○来いちゃ来いちゃで 二度だまされた またも来いちゃで だますのか

○来いちゃ来いちゃで おけさは招く 佐渡は踊りに 唄の国

○花も実もない 枯木の枝に 止まる鳥こそ 真の鳥

○佐渡の海府は 夏よいところ 冬は四海の 波が立つ

○佐渡の二見の 二股見やれ 伊勢も及ばぬ この景色

○梅の匂いを 桜にこめて しだれ柳に 咲かせたい

○泣いてくれるな 出船の時は 綱も碇も 手につかぬ

○佐渡の鉱山 白玉石は 磨き合うとは 丸々と

○佐渡の金山 この世の地獄 登る梯子が 針の山

○鶴が舞います 鶴子(つるし)の山に お山繁昌と 舞い遊ぶ