<長野県長野市中条日下野>
【幹周】 約11.1m 【樹高】 約35m 【樹齢】 約300年 
 長野でも西山地方と呼ばれる山間・旧中条村は、山姥伝説で知られる虫倉山に抱かれるような静かな山里です。日下野(くさがの)は、細い道を登る、かなりの標高の場所です。鬱蒼とした杉の生い茂るなかに、大内山神社があり、その拝殿右脇に大スギがあります(いや…この大スギがあったから神社を建てたのかも?)。「神代杉」とも呼ばれるように、樹齢1,300年とも2,000年ともいいますが、さすがにそこまでは遡れなさそうですが、かなり大きなスギです。長野県第1位の月瀬の大杉に次ぎ、スギでは第2位だそうです。

【2009.7.20.撮影】