富山県射水市西奈呉/5月15日  他 

射水市、旧新湊市放生津地区は獅子舞が多く伝承されています。
西奈呉の「奈呉」という地名で思い起こされるのは「奈呉ノ浦」。越中の代表的な歌枕として知られ、若くして越中国司として高岡・伏木に」赴任していた万葉歌人・大伴家持の歌、
<あゆの風 いたく吹くらし 奈呉の海人のあゆの風 いたく吹くらし 奈呉の海人の釣する小舟 漕ぎ隠る見ゆ>
のイメージが浮かびます。おそらく万葉の頃から、人々が住んでいた古い町なのでしょうか。

黒塗りが多い放生津の
獅子頭の中で、ここ西奈呉の獅子頭は珍しく赤塗りです。しかもやや面長のため、古い伎楽の獅子のような印象を受けますし、実際古さを感じさせるいい頭です。
胴幕も青を基調としたものではありますが、古さを感じ、伝統ある獅子舞の雰囲気を醸し出しています。

5月15日の春祭では、丁寧に獅子舞が巡行していきます。そして一軒一軒の家々を廻り、獅子舞を披露していきます。

2005年5月15日、射水市各所にて