牛深ハイヤ節 歌詞
※唄ばやし <ハ ヨイサヨイサ> <ハ ヨイサヨイサ> <ハ ヨイサヨイサ> <ハ ヨイサヨイサ>
        <サーサヨイヨイ> <サーサヨイヨイ>


○ハイヤエーハイヤ ハイヤで今朝出した船はエー どこの港に サーマ 入れたやらエー

○ハイヤエー来たかと 思えばまだ南風(はえ)の風ヨー 風さえ恋路の サーマ 邪魔をするエー

○ハイヤエーハイヤ ハンヤで半年ゃ暮らすエー 後の半年ゃ サーマ 寝て暮らすエー

○ハイヤエーとっちゃ投げ とっちゃ投げ三十四五投げたエー 投げた枕にゃ サーマ 罪(とが)はないエー

○ハイヤエー忘れていたのに また顔見せてヨー 思い出させて サーマ 泣かす気かエー

○ハイヤエー踊りゃ すんできた まだ夜は明けぬヨー 明けりゃお寺の サーマ 鐘が鳴るエー

○ハイヤエー大島(うしま)片島 片潮かけてヨー なぜに法ヶ島が サーマ ほげたやらエー

○ハイヤエー船は 出ていく帆掛けて走るエー 茶屋の娘が サーマ 出て招くエー

○ハイヤエー沖の 瀬の瀬にドンと打つ波はエー 可愛い船頭さんの(あれは船頭さんの) サーマ 度胸さだめヨー

○ハイヤエーたんと 売れても売れない日でもエー 同じ調子の サーマ 風車エー

○ハイヤエー瀬戸や 松島つけずにすぐにヨー 早く牛深に サーマ 入れてくれヨー

○ハイヤエー鯛に 鰹に 鰺 鯖 鰯エー 鰤に万匹(まんびき) サーマ 鱶(ふか)の山エー

○ハイヤエーまつよ まつよで黒島の松エー 上り下りの サーマ 手掛け松エー

○ハイヤエー仇な 情けについ惹かされて  一夜泊まりが サーマ 浮きものかエー

○ハイヤエー田舎なれども 牛深町はエー 三味や太鼓で サーマ 船遊びエー


○ハイヤエーハイヤ ハンヤはどこでもやるがエー 牛深ハイヤが サーマ 元ハイヤエー

【長ばやし】 
●エーサ 牛深三度行きゃ三度裸 鍋釜売っても酒盛りゃしてこい 戻りにゃ本土瀬戸徒歩(かち)わたり

●エーサ 黒島沖からやって来た 新造か白帆か白鷺か よくよく見たればわが夫(つま)さまだい

●エーサ どっから来たかい薩摩から 碇も持たずによう来た様だい

●エーサ 権現山から後ろ飛びゃするとも お前さんに暇状(ひまじょう)はやいもせんが取いもせん

●エーサ おーさやったとん届いたかい 届いて煮て吸って舌焼いたサイサイ

●エーサ 段々畑のさや豆は ひとさや走ればみな走る 私ゃお前さんについて走る

●エーサ 魚貫(おにき)万匹 茂串鯖(もぐしさば) 宮崎鰹ん骨横ぐわえ 加世浦(かせんな)きんなご逆すごき 
       天附(あまづけ)渡れば室鯵(むん)の魚(いお) 三匹(ごん)なめたらどっとした


●エーサ そこ行くねーちゃん汚れが伊達かい 汚れちゃおってもかんざしゃ銀だよ 
       銀のかんざし買うたか貰うたか 貰ちゃおっても買うたと言う

●エーサ お前さんばかりが浮きものか 私もこの頃 浮いた浮いた浮いた

●エーサ うちの原蛙(はいどんく)じゃ 浮き上がっちゃ飛び上がる 蛙(あつく)がヤネ食うて しゃじばった


●エーサ 牛深よいとこ一度はお出で 人情豊かな港町

●エーサ 西も東も南もやめて 私思えば 北(来た)がよい

●エーサ そろばん枕で考えた 一桁違えば 大きな損だよ

●エーサ 南風(はえ)の風ゃそうめん 北東風(きたごち)ゃだしで 沖南風(おきばえ)いれこで 味ゃよかろ 
       も一ついれこで 味ゃよかろ


●エーサ 川端石だい起こせば蟹(がね)だい 蟹の生焼きゃ食傷のもとだい 食傷蟹なら色なし蟹だい

<ハ押せ ハ押せ ハ押せ押せ押せ押せ 押さねばのぼらぬ 牛深瀬戸じゃ>